福田先生の華火写真展 @岡山
2008-08-31 Sun 10:45
9月6日まで
岡山のルネスホール 公文庫カフェで
福田先生の華火写真展が開催されています

知り合いの☆Hiroさん (hiroりんではなく ・笑) のご尽力で
実現した写真展です

net のお友達も見に行って下さって
「コーヒーがとても美味しい」と盛り上がっていました
はい
コーヒーの話だけです(爆)

出来れば飛んで行きたいのですが
なんとも遠いです@@;


お近くの方がいらっやいましたら
是非お誘い合わせてお運びくださいね(^^♪



↓ルネスホールです
http://www.renaiss.or.jp/contents/modules/piCal/index.php?smode=Daily&action=View&event_id=0000002092&caldate=2008-7-24



写真は私が福田流で撮った花火です
会場にはもっと素晴らしい花火が沢山展示されています
DSC_7289-2ca.jpg



DSC_7586-ca.jpg



DSC_7323-ca.jpg



スポンサーサイト
別窓 | イベント | コメント:6 | top↑
初挑戦 @大曲の花火
2008-08-25 Mon 14:02
超長文です
お急ぎの方はスルーをお勧めしますが
お時間の許す方は是非お読みくださいね (^^♪

ずっと行きたかった大曲です
休憩を入れて10時間見て行きました w

前日から出発して 朝4時過ぎに大曲の駐車場に車を止めて
いざ出陣 ♪

一番初めに目を見張ったのは朝焼け
雲に反映して素晴らしい茜色でした


P1060316-a.jpg

これはさい先が良いと喜んだのですが・・・・


駐車場から会場まで2.5km
会場の入り口は一番向こうで あと1kmも先です

入り口から入ってまず手前の土手の上に場所を確保
ここは先客が多くてかなり端のほうです

ふと見ると皆が並んでいる
聞けば朝8時から開放される場所の列という

どんな場所なのか並んでみる
後ろのかたに聞いたところ
「良いのは一番奥の土手の上 でも競争が激しくて
 走って行かないと取れないよ」とのことです
でもは列の入り口から1kmもある(ーー;)

時間が来て入場と同時に夫の
「荷物は持つから 走れ~~~」という声に
『1kmは無理(@_@;)』 と言っても「良いから♪」と・・・
1kmなんて走れるわけが無いでしょーーーー <`ヘ´>

シートをもって疾走(したつもり・爆)
なんとか土手の上を確保しましたww
着いた時は貧血で倒れるかと思った..........

2箇所とも端のほうなので風向きでどちらかに決めようと思ったけれど
結果的にダッシュして取った方(左側)を選んだのです

花火が揚がってから知ったのはここで読みが外れていたことです(泣)
競技玉は会場の右のほうから上がる事が多く
写真、特に福田流では距離があり過ぎでした
(と 言い訳をしておこう。笑)
四重芯 五重芯などの多重芯はほとんど全滅です(涙)
元々あまり多い芯は福田流には向いていませんが
遠いので微妙な光が届かないことと
正確なピントが拾えませんでした
それと競技玉は菊花火が多く牡丹がほんの少ししかありませんでした

もし保安距離の問題でこの位置から揚がるとすれば
来年もこちらから揚がるのは間違いはずですよね


兎に角場所を確保して駅の近くの花火庵に・・
駅まで2kmくらいはあるかなぁ

ここでは花火鑑賞師がセミナーを開催しています
(一応 σ(・・*)も鑑賞師の資格があります ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!)
大曲に向かう途中で心配した鑑賞師のMichelle Kwanさんが
色々情報を送ってくださって
白紙状態の私を助けてくださいました
本当に感謝です

花火会場でびっくりしたのは
「ドン! と花火だ」と言う本に出会ったこと
この本は探しても見つからなかったのです

その後 ^^ひまわり♪さんと合流して
打ち上げ開始まで待つ事にしたけれど
これが大変なことに・・・@@;

天気予報では雨
Michelle Kwanさんからも雨支度をするようにと言われたのですが
まさか どしゃ降りになるなんて思いませんでした

傘をだけでは間に合わず上下のレインコートも着て
カメラや三脚はビニールで覆って待っていました


でも前日から出発して昨夜はあまり寝ていないので眠い。。
なので お昼ね~~
レインコートを着て上半身は傘を差して寝てみたら
足は防水のトレッキングシューズでも腰から下はずぶ濡れです
でも眠気には勝てなくてしっかり寝ましたよ~~ (Zzzzzzz)

いくらどこでも寝られると言っても
雨の中で寝たのは私も初めてです(爆)
起きたら寒かった~~ (ブルブル....)

お昼ねといえば 熱海では公園のベンチで寝て首を寝違え
長岡では木陰のアリの住処で寝てアリに思いっきり噛まれ・・(全身10箇所以上・笑)

気の毒なのは場所も値段も高い『取れなくて有名』な桟敷席の皆さん
座る事が出来なくて、全員立って観覧していました


夕方になり少し小雨になってきた頃 隣の男性が
「雲が流れて向こうの山が見えてきたから雨は止むよ」と。
その通り 止んだり時々小雨になったりしながら
プログラムは進行していきます

先ずは‘昼花火’です
昼花火と言えば煙で勝負するものと言う観念がありましたが
ここで見た昼花火は煙はもちろん
しっかり花火なのです
ただ雨とキリとで写真にはならないと思い
見ることに徹しました

競技大会なので色も形もアイディアも素晴らしい花火が連発していく中で
今回1番驚いたのは小松煙火工業さんの
『時間差発光体』と言う花火です
たぶんマジカルの応用だとは思うのですが
「パッと咲かない パッと消えない 花火の常識とは逆の発想」
と言う花火です

う~~~ん
やられた・・・・

大会提供のスターマインも当たり前といってしまえばそれまでですが
とても質が高く見ごたえのあるものでしたが
私の失敗は始めから福田流にこだわった事です
こんなに雨が降るなら一般的な撮り方を考慮にいれるべきでした

それはNDフィルターを忘れたことです
18~200mmのフィルター(72mm)が無い
10~20mmの77mm径はあるけれど72mmに付けるアダプターも
入っていなかったのです
超広角では遠すぎるので28~75mmで撮るしかありませんでした

ところで合流したひまわりさんは
バス会社の手違いでバスが大曲には来られなくなり
家の車で一緒に帰ることになったのですが
花火の夜はひまわりさんのおばぁさまのお宅(横手)にちゃっかりお泊り
ふんわかお布団で爆睡しました

朝食までご馳走になり
私はご飯の‘おかわり’をしてひまわりさんに笑われてしまった (^^ゞ

昨日からの雨は止む事も無く家路に着いたのですが
休憩や食事のたびにSAでお買い物をする二人
これも旅行の楽しみですよね

もっとも雨が続いて増水していたら
花火は延期になっていたかもですね(~o~)


みなさんに助けられながらの『いきあたりバッタリ大曲』でしたけれど
色々学ぶ事が出来てよかったです
これで来年の対策が立てられます





来年は晴れますように
そして寒冷たい雨の中で昼寝をしても風邪も引かないし
1日で20kmも歩いたり走ったりして筋肉痛の自分にも感謝して
大曲レポートを終了させていただきます


長い日記にお付き合いいただいて
ありがとうございましたm(__)m




P1060338-a.jpg 
 町の中に普通にある花火玉



DSC_0654-2a.jpg



DSC_0659-ca.jpg



DSC_0670-ca.jpg
 太陽堂田村煙火店さん 「群蝶」

 



DSC_0980-ca.jpg
 未確認飛行物体



DSC_1015-ca.jpg
 豚さん



DSC_1057-a.jpg
 三色染め分け



DSC_1162-ca.jpg
 豪華な千輪菊



DSC_1175-ca.jpg
 


DSC_1193-a.jpg
 方向変化



別窓 | 花火 | コメント:2 | top↑
‘ぱしふぃっくびいなす’ 航海記
2008-08-14 Thu 23:02
☆ 長文です

2008.08.11

横浜港から出向した‘ぱしふぃっくびいなす’は
翌日名古屋港に寄港して
13日の『関門海峡花火大会』 へと舳先を向けました


出向イベントではテープを投げダンスをして歓迎
サロンは椅子に座ると金髪のおねぃさんがさっと近づいてきて
「コーヒー?」とオーダーを取る
時間によってはケーキやマフィンが出ます
もちろん無料飲み放題食べ放題(爆)


12日の夜はカクテル片手にルーレット


13日は・・・・
はい
お仕事です^^w


10時から1番広いメインフロアで1回目の講演回があり
大勢の方が熱心に耳を傾けてくださいました


その後 予想を上回る方が集まって写真教室が開かれ
花火の撮り方のレクチャー
ここでも熱心なカメラマンに取り囲まれ
「時間が無~~~ぃ」 と言いながら
いつものように熱心な指導が続きます


今回は講演や解説のパソコン操作やコメンテーターとして
お友達のもねろさんが参戦しました
彼は今年就職したばかりの会社から有給を頂き(笑)
花火師さんでもあるのでピッタリな存在なのです



デッキの花火観覧席は開場前から並んだ大勢のお客様
に圧倒されながら解説や撮影の準備をして・・・・



そして午後7時50分オープニングの花火が揚がり
いよいよ始まります


昨年のこの花火大会は途中から暴風雨に見回れて
大変な事になったのですが
今年は 「20%の雨 もしかしてカミナリ・・・・」
という予報を覆して花火には丁度良い天候でした


花火は関門海峡で門司と下関が合同で開催されるので
打ち上げ場所も全長がどのくらいになるのか定かではありませんが
何箇所からも揚がります
尺玉や1.5尺玉は中央から揚がるのでどこからみても大丈夫

かなり綺麗な尺が頭の上にあがり
1.5尺玉も2回揚がって豪華豪華


しかし・・・
不思議な事にヘリコプターが1機飛んでいて
画面に白い筋がヒョロ~っと出ているのにはビックリ!!
アブナイよ~~~~


お陰さまでそんなこんなで
楽しみながら無事に仕事を終了して下船しました




花火の写真は仕事の撮影ですのでお見せできませんが
スナップを少しご覧ください




花火三昧で空っぽになりかけた私のバッテリーが
この航海で少し充電されました


また後半
花火に行かれそうです~~~~~ (^^♪



最後まで読んで頂いてありがとうございますm(__)m





DSC_8885-ca.jpg 
 名古屋港での‘ぱしふぃっくびいなす’(先生の12mmを拝借しました)



DSC_8984-a.jpg 
 船内のシャンデリア



DSC_8987-a.jpg 
 時折演奏されるピアノ



DSC_8856-a.jpg 
 ダイニングのスタッフ席



DSC_8995-a.jpg
 ダイニングやサロンでラテンミュージックを聴かせて・・・



DSC_8968-a.jpg
 強風で飛ばされそうな先生ともねろさん



DSC_8807-ca.jpg
 船なのにエレベーターは12階まであります^^;



別窓 | スナップ | コメント:2 | top↑
| Drive neon |